ホンダナノスキマ

本棚の隙間です。主に漫画の感想です。

『寿司ガール』は女の鏡

寿司ガール 1 (BUNCH COMICS)

寿司ガール 1 (BUNCH COMICS)

看護師の夢を諦めた女王様。
時間を埋めることに懸命なOL。
尖った言葉でしか人と接せられない女教師…。
頭の上に寿司ネタを乗っけた
謎の「寿司ガール」に出会った女達は、
少しだけ人生が変わったことに気づいていく――。

(安田弘之『寿司ガール』1巻 単行本カバーより)

安田弘之先生の新作、『寿司ガール』のご紹介です。若干ネタバレ気味に書いてしまうかもしれません。寿司だけに。寿司だけにな。


さて、この作品の基本的な展開は、生活に疲れた女性たちがお寿司屋さんで頭に刺身をのっけた女の子、寿司ガールと出会い、ふたりの奇妙な同居生活が始まって……というものです。

寿司ガールたちは、しゃべりません。もちろんただの置物というわけではなく、拾い主である同居人のアクションに対してしっかりとしたリアクションを、それはもうかわいいリアクションを見せますし、同居人が出かけたあとの、ひとりになった部屋のなかをかけ回るような子もいます。しかし、寿司ガールたちはしゃべりません。だからふたりが一緒に暮らすなかで、おのずと同居人側から寿司ガールに話しかけるという日常ができあがります。


「コハダさん」は、SM女王として働く同居人の、ツキのない男性遍歴を聞かされます。「笑ってさえいりゃそのうちなんとかなるだろってね」と、それでも明るくお茶目であけっぴろげな彼女を最後まで見守り続けます。

コハダさんの同居人は、暴力を振るわれたりするような男性遍歴を繰り返したり、仕事をクビになったり、父親を亡くしたりしますが、それでもコハダさんと暮らした5年間を、「いいことなんか一つもなかった」5年間を、「楽しかった」と振り返ります。いいことがなくても、ただ「いいことないねー」と笑って言い合える、色々うまくいかなくても、ただ「色々うまくいかないねー」と笑って言い合える、そんな相手が欲しかったのです。


「イカちゃん」は、教師である同居人の、教師になったいきさつや、生徒との不和について聞かされます。また、「私の言葉は人を傷つける」と自覚しながら棘のある物言いをやめられない同居人に罵倒されながらも、奔放に生活します。さらにそんなイカちゃんを見て、「女の子という存在を初めてかわいいと思えた」という同居人が繰り出すちょっかいにもめげず、楽しそうに暮らします。

イカちゃんの同居人は、自分の尖った言葉に対しもて真摯に向き合い、影で努力するイカちゃんを女の子としてかわいいと思い、また奔放なイカちゃんと暮らすことで、厳しい家で育ったためそれを謳歌することができなかった「大嫌いな青春」に歩み寄ります。


「イクラパトラ様」は、同級生とも家族ともうまくいかず、「ここではないどこかに憧れて小四のころに練炭を買った」という同居人が、自分のために作ってくれた椅子を気に入らずに破壊したり、その不出来を叱責したり、なにかと世話を焼かせます。

イクラパトラ様の同居人は、「気難しいイクラパトラ様に気に入ってもらえるアイテムを作ること」が、練炭のことを忘れるくらい「私の全てにな」り、その後イクラパトラ様が去ってしまったことに一旦は絶望しますが、「エラそうでワガママで短気で全然優しくない男を選」び、「それでいい、それがいい」と生きています。


同居人たちにとって寿司ガールとは、自分を写す鏡なのだと思います。寿司ガールに話すことで自身を再認識したり、寿司ガールたちを見て自身の望んでいることを知ったりというような。だからコハダさんの同居人の元へ、他の寿司ガールではなくコハダさんが現れたのは偶然ではないでしょうし、それはイカちゃんもイクラパトラ様も同様です。

寿司ガールによって同居人が大金持ちになったり超絶美人になったり、そういうことはありません。「少しだけ」、人生が変わります。でもそれは、同居人たちにとってなくてはならない要素なのです。たとえば、寿司にワサビが欠かせないみたいに。


他にも、軍団として登場する寿司ガールや、寿司ガールを語り手として進むお話など、バラエティに富んだ一冊です。

幸薄すぎるコハダさんや、キュートすぎるイカちゃんや、完璧すぎるイクラパトラ様たちの造形を見るだけでも楽しめます。単行本の表紙に描かれたイカちゃんを見たら、思わず手にとってしまうこと必至でしょう。

ということで、もっとこの作品が売れて、寿司ガールたちがフィギュアになって、それをコンプするという喜びを早く味わいたいので、書店員の皆様方におかれましては『寿司ガール』を平積みにて販売していただきますよう、切にお願い申し上げます。