ホンダナノスキマ

本棚の隙間です。主に漫画の感想です。

『きみの家族』の軽やかな愛情

きみの家族 (芳文社コミックス)

きみの家族 (芳文社コミックス)

『きみの家族』は、四人家族である平山家のお話です。結婚のために姉が、それから大学進学のために弟が実家を離れていくようすが描かれています。

四人家族の平山家ですが、もちろん最初は父と母のふたりだけであり、姉が生まれ三人、弟が生まれ四人とその形を変えてきました。そして弟がひとり暮らしを始め、姉が嫁ぎ、見かけ上また父と母のふたりに戻ります。そうして迎えた大晦日、ふたりきりで年越しそばを啜っているさなか、さびしさから涙を流す母に、父はこう語りかけます。

これからだよ
きっと一周しただけなんだ
これからまた賑やかになるよ

(サメマチオ『きみの家族』 P144)

ふたりでつくり始めた平山家が「一周して」、またふたりきりになってしまいました。けれど姉は、嫁いださきで自分の家族をつくり始めました。弟も、いつか自分の家族を持つかもしれません。そして平山家と同じように、ふたりが三人になり、三人が四人になるかもしれません。だから「またこれから賑やかになる」のです。

姉が新しい家族を持ったように、父母がそれを受け入れたように、家族に対する想いを留めずにまわすことで、新しい家族が生まれます。さびしさを憶えながら、それを祝福できるというのも、家族の側面なんだろうと思います。


では、そういう家族を繋ぐ想いってなんでしょう。姉が結婚式で披露する「両親への手紙」の内容に悩むシーンに、こんなモノローグが重なります。

お父さんお母さん私はとても幸せで
辛いことも悲しいこともましてや不平不満など

ありがとう

述べることに葛藤はなく多くもない
たったそれだけを書く事が
どうしてこうも泣いてしまってできないのか

(同 P106-107)

その想いは多くなく、ありがとうというただ一言で、それを伝えることになんの葛藤もないのです。そういうシンプルな想いで繋がっているから、家族という枠組みはどんな形もフレキシブルに受け入れられるのではないでしょうか。

父のように、家族の想いに執着せずそれを回すこと。姉の手紙のように、その想いはシンプルであること。このお話がとても感慨深いのに軽やかなのは、そのあたりが上手に表現されているからなんだろうなと思うのです。


別の家族にいた君が、ある日僕の家族になって、またある日僕の家族から、新しい誰かの家族が生まれたり。たとえば結婚式で味わうような、よろこびとさびしさが綯交ぜになった爽やか感動が味わえる良作です。