ホンダナノスキマ

本棚の隙間です。主に漫画の感想です。

『よつばと!』素晴らしきこの世界

よつばと! 12 (電撃コミックス)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

『よつばと!』という漫画を読むとき、僕は、なんというか、とても第三者です。

この作品が成り立っている世界の景色から受ける印象は、僕が見ている現実の世界から受けるそれと同じです。よつばたちの言動や行動も、僕の暮らす世界で起こり得るできごとの範疇から外れるものではありません。要するに日常ということですが、だからこの作品で描かれる日常は、「この作品世界における」という条件を必要とせずに、僕にとっても日常なのです。

しかし、同じ日常で暮らすよつばと僕は交差しません。僕はよつばの見ている世界とよつばを視ていますが、よつばは僕を視ないのです。

よつばが正面を向いて、つまり読者の方を視て何かを言うという構図が4巻くらいから(たぶん)ほとんど使われていないというやり方は、読者を傍観者せしめるのに一役買っています。また、よつばの見ているものをよつばと同じ視線で、たとえば僕の半分程度の身長であろうよつばから見た低い視線で描かれた景色といった構図もなく、だからこの日常によつばとして参加することもできません。

それで僕は、この漫画を読むときに、とても第三者なのでした。『よつばと!』を読んでいると、自分と他人の視線を意識しながら眺める普段のそれとは違う景色が視える気がするのです。僕が過ごすそれと同じ日常を、完璧に客観的に眺めるという行為が、この世界の形を再認識させてくれる気がするのです。これが、この作品のすばらしさの第一義だと思うのです。


さて、12巻の話です。

そういうわけで、オープニングからその光景のすばらしさに目頭が熱くなってしまい、泣き笑いながら最後まで読み進めたところ、最終ページの最後のコマに、こちらを向いて問いかけているように視えるよつばがいました。

第三者として客観的に眺めるという行為を繰り返すことで、世界をよつばと同じように認識し直した自分に対し、よつばが「世界はすばらしいな?」と改めて問いかけてきているようで、これはもう、涙腺がアレでしたね。ダメでしたね。


ということで、読者に問いかけて(いるように見える)終わりを迎えた『よつばと!』12巻。作品の転換点かもしれないなんて思ったり思わなかったり。次巻が楽しみ過ぎますね。