ホンダナノスキマ

本棚の隙間です。主に漫画の感想です。

『モテキ』に移ろう「君の中の俺」のカタチ

モテキ(4) (イブニングKC)

モテキ(4) (イブニングKC)

自分のことや誰かのことを想うというのは、たとえば空に浮かぶ雲を見て、「何のカタチに見える?」と問いかけるのと、同じことだ。

小宮山夏樹の言葉。

”本当の私”を理解したなんて思い込みだか思い上がりが嫌なの
そもそも知ってもらいたい”本当の私”なんて無いし
100人いたら100人の頭の中で見える私って全部違うのよ
そんなの全部責任持てないわ。もう、どうでもいい


(久保ミツロウ『モテキ』4巻 P169-170)

自分や他人というのは、その関わりの中にしかない。明確な自分というものがいるわけではなくて、映し鏡のように、誰かの中に映る自分を、自分であると認識している。同様に、明確な誰かというものがいるわけではなくて、映し鏡のように、たとえば僕の中に映る誰かを、その誰かは認識している。つまり、自分とか誰かというのはそれぞれの関係性のことで、実際にそういうモノがあるわけではない。「本当の」自分や誰かのことなんて誰にもわからないから、「もう、どうでもいい」のだ。

「本当の私」なんてないからこそ、「どういうカタチだったら良いと思う?」と、誰かに問いかけることができるとも言える。けれど、そういう誰かとの関わりの中で問われるカタチ、たとえば愛だとか憎しみだとか呼ばれるモノの類も、やはり関係性で、自分や誰かの中にあるわけではない。そうやって関係性を言葉にしてみることで、確かなモノをたぐり寄せているような気になって、誰かのことを理解したなんて考えてしまうのは、小宮山夏樹の言うように、思い込みや思い上がりでしかない。

だから、誰かと関わること、誰かとの関わりを言葉にしようとすることは、どちらにしても自己言及的な行為にしか成り得ない。けれど、自分で自分と関わるには、そうするしかないのだ。誰かと関わろうとしない人間、つまり自分と関わろうとしない人間は、時に誰かを、あるいは自分を傷つける。自分の中の自分しか見ようとしない藤本幸世と、誰かの中の自分を見ようとしない小宮山夏樹は、とても似ている。


さて、『モテキ』とはどんなカタチだったのだろう。人と人との関わりの「答え」は、どこにあるのだろう。最終話での、藤本幸世のモノローグ。

本当の俺とは別に、皆の中にもそれぞれの俺がいるんだ
ずっと俺は、自分は好かれる資格がないんだと思ってたけど
俺の実態とは関係なく、誰かの心の中での姿は、良くも悪くも変わってく
俺になんでモテ期が来たのか分かんなかったけど
きっと皆の中で「俺」が勝手に動き回ってたんだろうな
全部伝わらなくてもいいから、伝えてみるよ


(同書 P200-201)

「答え」は、自分の中にも、誰かの中にもない。なぜなら、「答え」というのも関係性だからだ。誰かと関わることでしか、それを見つけることはできない。だから幸世は、「全部伝わらなくても」そうしたいと思ったのだ。

そこに「答え」が見つかるかどうかは、また別の話。ともあれ、これが僕の「モテキ」のカタチだ。あなたの「モテキ」は、どんなカタチになっただろう。もちろんそれらは、時とともに変わっていく。空に浮かぶ雲みたいに。「君の中の俺」みたいに。