ホンダナノスキマ

本棚の隙間です。主に漫画の感想です。

『あんずのど飴』はふたりで過ごした日々の証

あんずのど飴 (IKKI COMIX)

あんずのど飴 (IKKI COMIX)

高校生のころ、将来のことをしっかり考えましょうとよく言われました。僕は、そうしたほうがよいのだろうなと思いつつも、将来の自分ではなく今の僕のことを考えるので精一杯でした。僕とはなんだろうとか、そういったことです。

当時、自分を託しながら聴いた音楽や読んだ本が、今でも心に深く残っているのは、だから当然のことと思います。けれど、現在の日々を送るなかでふと高校生活を思い出すのは、バスの座席の匂いだったり冬の朝の空気だったりします。「高校生の僕」は当時聴いていた音楽や読んでいた本のなかにいますが、「僕の高校生活」はバスの座席や冬の朝にあるのです。


さて、冬川智子先生の『あんずのど飴』。田舎町の高校に入学した水沢要と佐野はるかは友達ですが、彼女たちも「今の私」を様々なものに託していて、水沢要は「冬野さほ」や「かわかみじゅんこ」だったり、佐野はるかは「スカートの丈」や「彼氏」だったりで、そういった差異がふたりのすれ違いを生み、少しずつお互いの距離を広げていってしまうのです。

そして最終話、クラス会で10年ぶりに再開した彼女たちは、あるもののなかに「確かにふたりで過ごした時間」を見つけます。このラストシーンが、とてもナチュラルに僕を感動させてくれました。


また、『あんずのど飴』は携帯サイト「ヒトコト」で配信されていた同名作品を単行本化したものです。1コマずつ読み進めるケータイマンガとして連載されたこの作品は、同一サイズのコマが1ページに4つ均等に配置され、その形式が最後まで続くという構成で本になりました。

コマの大きさや形による演出がされていないということですが、それが作品の味として機能しています。友人関係や家族関係や学業関係などの悩みに溢れ、けれど淡々と同じペースで過ぎていってしまう学校生活というものが、この形式によってうまく表現されていると思うのです。


ということで、飴をガリガリ噛むように漫画を読むのも楽しいですが、最後まで同じペースでゆっくり溶かすように読む漫画もよいものでした。『あんずのど飴』は、そういう漫画の楽しみ方を教えてくれる良作です。